世界にひとつ、あなただけの物置・小屋をつくる

新しい小屋の提案-イロドリプロジェクト

グリーンベル既存の物置・小屋を元に、外壁をモルタル造形でカスタマイズする新しいシリーズです。
石積み・レンガ・プラスターなどの造形を施して、あなただけの物置・小屋が完成します。
今ある小屋のカタチを利用したり、まったくのオリジナルデザインの物置・小屋も製作可能です。
煙突をつけたり、ドアを変えたり、どんな外壁デザインにもできます。
フランス風、ドイツ風、イタリア風、インダストリアル…など、
彩色によっても雰囲気は変わります。
まさに小屋をいろいろな形やカラーで
「彩る」がコンセプトです。

モルタル造形とは?

石や岩や木、レンガや漆喰の壁、鉄の表現までも

すべてモルタルを使用し製作するのがモルタル造形です。

セメント系の材料を使いそれらを自由に表現できるのが利点です。

テーマパークや公園、動物園、水族館、店舗の内外装などで見られた方も多いと思います。

小屋の外観には木材やモールドされたパネルを使う他、

見せ方にあまり自由が効きませんでしたが、

モルタル造形によって石積みの小屋やレンガ調など、

自由に表現できることが可能になりました。

モルタル造形製作の流れ

造形する壁面に防水シートを貼り、その上からラス網、またはラスカット板を固定し下地面を製作します。造形用モルタルをコテでしごき塗りをし下地調整の層を最初に作ります。

下地作り・下地調整

造形モルタルを盛り付けていきます。約15ミリ〜20ミリほど塗布し造形のための面を作っていきます。レンガと漆喰の場合は最初にレンガ面を造形するためその部分だけモルタルを盛ります。

モルタル塗布

1.

2.

デザイン画を元に千枚通しなどを用いてモルタルの上に下書きを描いていきます。それを元に各種カービング(削り)ツール、コテ、ブラシ、刷毛などを用いてひとつひとつ細かな造形を作り上げていきます。

造形

それぞれのベース色を刷毛で塗装し、乾燥後にウォッシュ、シャドウ、ハイライト、ドライブラシなどの塗装技法を使って石やレンガ、漆喰などの表情を本物のように仕上げていきます。最後にクリア塗装をして完成です。

塗装・完成

3.

4.

 

既存の小屋にイロドリすると?

既存の小屋にイロドリすると、たとえばこんな感じになります。

小屋をモルタル造形に変更します。
物置をモルタル造形に変更します。

キャスパーがお庭にちょこんとあったら

最高にかわいいであろう石積み&漆喰の小屋に。

ドアを上部が丸いやさしいカタチに変更し

フランスの片田舎にありそうな

緑の中にたたずむ小屋に変身です。

ガレージをモルタル造形に変更します。

マジェスティックは屋根のデザインを活かして

ヨーロッパの田舎にありそうな石積みの納屋風をイメージ。

ドアを開けると赤いアルファロメオなんかが入っていたら

最高にシビレそう。

ランカスターをモルタル造形に変更します。

片流れの屋根が男心をくすぐるモトベースは

レンガ&漆喰のインダストリアルスタイルな秘密基地に。

色合いも少し濃いめのエイジングを施して

隠れ家雰囲気をアップ。

ランカスターは海が見えるところにある

小さな趣味部屋をイメージ。

壁の造形はレンガの上に薄い漆喰が真っ白に塗られている

地中海風に。

 

でも既存の小屋にしかイロドリできないの?

そんなことはありません。
グリーンベルではガレージや住宅などでお客様のご要望に合わせた自由設計を取り入れています。
この部分を広げたい、土地に合わせてここに部屋をプラスしてほしいなどのご希望に柔軟に対応できます。
こんなカタチの物置・小屋がほしいのだけれど、という事にもお応えできるのです。
逆に母屋の雰囲気とマッチする小屋を作ってほしいなどにも対応が可能です。

↓あなただけのオリジナルイロドリ小屋イメージイラスト↓

 

そしてオリジナルイロドリ小屋作りました

とりあえず展示場にオリジナルイロドリ小屋作ってみました。

イロドリプロジェクトをスタートするにあたり、
エントランスを付けた新しいタイプの小屋を製作しました(造形小屋2.5坪)
こちらはブラッドフォードという製品に部品を付け加えていったスタイル。

 

1. 既存の物置・小屋にイロドリ

2. まったくの自由なカタチにイロドリ

3. サイズを元に簡単に部品を付け足しイロドリ

 

というようにイロドリの表現には多くのバリエーションから選べるのです。

 

イロドリは外装だけ?内装には?

もちろんできます。

小屋の雰囲気に合うような内装をご提案します。

またはお客様の方でこうしてほしいというのがあればご対応可能です。

内装は木材から石膏ボード、壁紙、もちろんモルタル造形まで施工できます。

電気、水まわりなどもご相談ください。

 

施工してもらうにはどうしたらいい?

どこに建てるか、その場所の雰囲気に合うのはどんなデザインか、

希望のイメージだと金額はどれくらいになるか、など、

しっかりとした打ち合わせを重ねてから作業にかかります。

 

一度造形が始まると変更は不可能です。塗装も同様です。

そのためにはまずは十分な打ち合わせが必要になります。

Creating Flow

打ち合わせ

ラフスケッチ提出

決定

躯体施工

モルタル造形

塗装

完成

Completion!

まずはどんな物置・小屋がご希望か入念に打ち合せを行います。本社展示場にてサンプルをご覧いただき、納得のいくまでお話しいたします。

ご希望のカタチにそったラフ案をご覧いただき、イメージに近づけていきます。塗装についても色具合を確認し決めていきます。

何度かの修正があるかもしれません。デザイン・金額共にOKとなれば、そこから施工に向けて動き出します。まずは基礎工事です。

基礎が完了すれば、その上に小屋の躯体を施工していきます。壁にはモルタル用に防水シート、ラス網を張って仕上げます。

造形用のモルタルを使用し、決定したデザインにそって細かい造形を作り上げていきます。

造形の次は塗装です。打合せたイメージや雰囲気に合わせながら色を調合し塗装をしていきます。

塗装後につや消しのコートを塗り完成となります。内装がある場合は同時に進行します。そして世界にひとつだけのお城の完成です。

 
 

お値段は?

気になるのは金額。オリジナルイロドリ小屋のお値段は?

展示場に作ったオリジナルイロドリ小屋2.5坪

たとえばこのサイズ・仕様でのお値段はというと…

モルタル造形のイロドリプロジェクト造形小屋です。
イロドリプロジェクト造形小屋の窓です。
イロドリプロジェクト造形小屋の床です。

石の造形約3割、プラスター約7割の施工。写真の小屋のプラスター部分は多少のひび割れの加工をしています。また右写真のようにコテ跡模様もつける表現もあります。塗装は下の影がうっすらと出るように何層かに分けて行なっており、塗装の厚みを表現しています。

ドアは木板を組み合わせて作る特注仕様。荒面仕上げの表情が小屋にはよく合います。アイアンの蝶番がドアを引き締め、エイジングを施したカラーも雰囲気を盛り上げます。

小屋の壁です。

窓の上には木材の造形を施し、外国の古い小屋ぽさを出しています。窓下にはブロック調の造形をし、壁の色と違えることで、壁全体が単一に見えないように変化をつけています。

内装の壁板張りは無塗装です。床は古材やテラコッタ、コンクリートのままなど、いろいろな仕様が可能です。

写真の煙突は4面全てに石積みの造形を施した仕様。石積み+プラスターやレンガ積みなどの造形も可能です。煙突はフェイクですので鉄製の天板で覆います。

室内に電気の配線を通して灯りがつけられるようになれば、昼でも夜でも小屋をいろいろな用途に使用できるでしょう。

※写真の小屋の角窓はオプションになります。上記金額には含まれていません。
※写真の内装=室内板張り・床タイルまたは板貼り・エントランスタイル貼りまたはスタンプコンク  リートの費用は、上記金額に含まれていません。別途費用がかかります。

 内装工事込みでご希望の場合は、お問い合わせください。
※基礎工事費、運搬費、施工諸経費などの諸費用が別途発生いたします。
※小屋の大きさ、追加アレンジする仕様の数、外壁のデザインにより使用するモルタルの量、造形の種 類や塗装によってかかる時間、基礎や施工の料金など、すべての仕様によって金額は変わります。

詳しくはお問い合わせください。

■平面図

■立面図

価格

上記写真プラン(オプションなし)

イロドリプロジェクト造形小屋2.5坪

●基本小屋躯体施工●煙突

●アーチ仕様エントランス

●アイアン蝶番付き木製ドア

●モルタル造形

基本小屋躯体施工+外装一式

1,320,000円

消費税別

詳しくはフリーダイヤル 0120-417-127、またはメール info@green-bell.co.jpまで。

イロドリプロジェクト小屋が見れる展示場

Cal Magazine 特別編集

KOYA LIFE Vol.2

2018年9月29日発売・徳間書店

グリーンベル本社長野展示場の造形小屋の魅力を

充分に取材していただきました。

当日はモデルさんも入れての撮影に。

造形小屋の中も女子テイストにドレスアップして、

小屋ライフの楽しさを表現しています。

ぜひ本屋さんにてお確かめください。

またよろしければ展示場で造形小屋の魅力を実感してください。

小屋・物置・ガレージの情報を

発信しています。

ウエストバウンドロゴ

グリーンベルがプロデュースするガレージに似合う家具製作そして雑貨のWESTBOUNDウェブサイト。

デザインカスタマイズ or 自由設計可能な大型ガレージや住居など、オンライン見積もできる大型ガレージ専用サイトです。

株式会社グリーンベル

Greenbell Co.,Ltd.

E-mail:info@green-bell.co.jp

 

■本社・展示場
〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見11901-4
TEL:0266-75-2211 FAX:0266-75-2433


建設業許可:長野県知事許可(般-30)第23510号
一級建築士事務所:長野県知事登録(諏訪)

B第28072号

←現在現場施工員を募集しています。

営業日カレンダー

営業時間10:00〜18:00

毎月第一日曜と毎週月曜は定休日です。
は当社定休日となります。
はpm
17:00迄となります。
定休日等はメール・発送等のご対応が翌営業日

以降となりますので、あらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2019 GREEN BELL. All Rights Reserved.